ベビーシッターが家の階段をリフォームする長所と短所

ベビーシッターが家の階段をリフォームすると、幼児が上りやすくなる、母親が安心するなどの長所があります。家の階段は大人用になっていることがほとんどなため、幼児が上るようにできていないことがほとんどです。小学生くらいの子供になれば普通に使えますが、ベビーシッターが預かる幼児には使いにくいと言えます。

そのため、リフォームをして階段の段差を増やしたり手すりを設置すると、保護者が付き添えば数段程度なら階段を上れます。幼児を預かっている時は、危険防止のため階段の3段より上にはいけないようにするのも悪くないです。
また、その際には階段と階段の下に、柔らかい布を敷いておくと危険防止につながります。

幼児の母親も階段には不安を感じるはずなので、安全面で対策ができていれば安心するはずです。

安心すると気持ちが楽になるので、自然とベビーシッターとの会話が増えていきます。上手くいくと、新聞やテレビに関する話題などの世間話もできるかもしれません。

ベビーシッターに関する情報をご覧ください。

短所はリフォームにお金がかかる、工事中は幼児を預かれないことです。
階段の工事は結構大がかりなので、費用はかなり必要となります。

日本経済新聞

ただ、ローンにしてほしいとリフォーム業者に依頼をすれば、毎月一定額を支払うだけで良くなります。

また、平日に工事をすると仕事をする機会が失われてしまいます。



そのため、ベビーシッターの仕事が休みの土曜日に工事を開始してもらえれば、仕事をする機会がそれほど減らなくて済みます。